Oさんからの電話

2019年03月25日

Oさんからの電話

これは、2016年の鹿屋市串良町の「くしら二十三や市」でのチンドンをしているときの写真。

今から4年前?あの日は、大雪だった。
一生忘れない場所となった、鹿屋市串良町。


実は、弟が住んでいる「まち」でもあるのです。

ここで毎年呼んでいただいているお仕事の場所が「くしら二十三や市」



こうやってチンドンしていると、年に1回しか会えないお客様など、たくさんあります。
そして、あらゆるところで、「わかな、がんばれ」といって、気がついたら、親戚のようなお付き合いまでなることもしばしばあります。(笑)


人が大好きなわかなであります。



今日、Oさんから1本の℡がありました。

Oさんとは、今年のくしら二十三や市で話はしていないのですが、私が家についてから、私の℡番号を商工会議所などに聞いて連絡していただいた方なんです。

Oさんからまた連絡がきました。

「こっちにはこないの?鹿屋でいつやるの?きてほしいなあ。」と。


わかな「いつでもいきますよ。ぜひ呼んでくださいね」といいながら、ふと気になって、あとからもう一回連絡をしたのです。


わかな「○○日だったら空いてるから、いきましょうか?挨拶に?」って笑いながら話したら、

Oさんがめちゃくちゃ喜ばれて、いろんな話が弾みました。



Oさん、少し体調を壊されているようで、体調がよくなったら連絡するねと約束して、℡をきりました。



わたし、チンドンの仕事をしてて、最近、ホントに思います。

私たちは、毎日、この格好で東へ西へいっているけど
今日出逢ったあなたは、次はいつ会えるという約束のないまま、別れます。


ということは、一日一生の想いで、チンドンをしようと。。。。ここ最近は特に思っています。



今日という1日を大切に!

Oさん、いろいろな気づきをありがとうございました。




Posted by わかちゃん at 22:07 | Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Oさんからの電話
    コメント(0)