娘の三者面談

2017年12月12日



息子が横須賀へいってからは、すっかり大の仲良しになっている娘のはるな。

高校3年生。ちょっぴり神経質で、2番手が好きだけど、リーダーシップをとってクラスをひっぱりつづけた彼女。
そんな彼女は、常に成績も1番をキープ。
今年は、体育祭の応援団長をつとめることに。

親として、まさかの彼女の活躍に、涙がでることはいうまでもありません。


そして、今日は、彼女の国家試験受験前の 三者面談でした。

「いま、成績が珍しく2番ときました。さあて、ここで、負けん気をだして、1番をキープしてほしい」
そんな言葉を受けて、彼女は素直にうけとめ、今夜も勉強に励んでおります。

人生の中で、何回か、めちゃくちゃ夢中に勉強に励んだり、稽古に励む時がある。
それは、ふりかえれば、とっても幸せなことなんですよね。。


中学校3年生の頃、彼女は進学するか?農業、商業高校へいくか?
それとも、私立で専門分野に特化して進むか悩んだ時。。

彼女自身が答えをだした道が、今の高校の介護福祉課でした。


まあ、いろんなことはあったとしても。今では、とってもにこにこと過ごしている彼女をみているとホッとする母親であります。


さあ、介護福祉の国家試験が1月28日。結果がわかるのが3月28日。
この1ヶ月、受験生の親として、彼女を応援していきたいと思っています。


全国の受験生をもつ親のみなさん、がんばって、応援していきましょうね。



わああーい。



Posted by わかちゃん at 22:34 | Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
娘の三者面談
    コメント(0)