› チンドン若奈のほのぼの日和 › 江戸時代から続く『蒲生市』

2016年02月25日

江戸時代から続く『蒲生市』



こことのお付き合いも長いなあ。

雨の日も風の日も、晴れても曇っても、時代が変わっても人が育っても。
いつの時代になっても、古きよきものを大切にされているまち。それが蒲生町。

ここでチンドンをしたのは平成15年が最初だったような気がします。

出店者さんともすっかり顔なじみになり、お客さんともお店の人も地域住民のみなさんともお知り合いになってきました。

「次は、どこで逢えるかな?」

「お互い、がんばろうね」

「また逢おうね」

「この蒲生市は、次は12月だね」とか。

声がかかる。



蒲生町には、日本一大きな楠の木があります。
ここはとってもパワーを感じますね。

しあわせだなあ。


この地域を一生懸命盛り上げようと、若者を支えているのが「田中」さん。

この人に逢うと、なぜかホッとして。本音で話しができる。


ううう、こんな出逢いに再会に感謝です。

蒲生町では、いろんな企画をしています。
ぜひ、足を運ばれてくださいね。




最後に、西田あいちゃんの応援もよろしくお願いします!!

田中さんの娘さんなんですよ!




http://www.ai-official.jp/
(あいちゃんのオフィシャルサイトはこちらです)


Posted by はなはなチンドン at 08:02│Comments(2)
この記事へのコメント
蒲生の楠木全国的に有名で以前 仲代達矢さんだったかな?ビールのCM撮影ありましたよ私も好きな場所の一つです
Posted by 町子 at 2016年02月25日 10:50
まっちゃん、私も大好きな場所です。コメントありがとう。
Posted by はなはなチンドンはなはなチンドン at 2016年03月03日 19:49
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
江戸時代から続く『蒲生市』
    コメント(2)