新陰流とのであい

2016年02月14日

私が、『新陰流』とであったのは、今から2年前の1月でした。
合気道の兄弟子からのお誘いで習うことに。

新陰流の三吉先生の動きをはじめて見た瞬間、ただただ感動したのを、今でも覚えています。

 三吉先生の動きがとってもかっこよくて、剣と先生が一体化していて、それはそれは美しかったのです。




剣の動きを見て、 山や滝などの自然界を感じるような動きの人とであったのは、初めてでした。
三吉先生の写真は、いつの日かアップしますね。

もがいているわたし。



すっかりはまっているものの、なかなか体がいうことを聞かない。

自分の動きに癖がある。
重心が?
肩が?
腰が?
バランスが?

うまく説明できないけど、とにかく 三吉先生はかっこいいのです。

あんなかっこいい動きのできる チンドン屋さんになりたいなあと思いながら

見た目では、地味な稽古かもしれないけど、道場で没頭できる時間が何よりも幸せなひとときなのでした。


 三吉康七郎先生から・・
 「新陰流とは、戦国時代末期(1560年代)に成立した剣術流儀で、流祖は上泉伊勢守信網です。
  現在の群馬県前橋市上泉町に伊勢守の居城がありました」


Posted by わかちゃん at 20:08 | Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
新陰流とのであい
    コメント(0)