2020年12月04日

今日は、MARUMIの日♪

みなさん、こんばんは!



毎日、チンドンで日本を笑顔と元気にしたいと思っている宮田わかなです!


今日は、街頭宣伝の日。
(そう、チンドン本来の動きの日)




今日は、朝はヒヤッとしたけど。。。


午後は、気持ちのいい感じで、空を見上げると、羊雲がいっぱい泳いでました。



ああ、こんな青空の下で、街頭宣伝ができる チンドン屋って、最高だなあ!って。



大王小学校の下校時間をねらって、横断歩道のところみんなと会話しながら、宣伝をしているひとときが、最高に幸せでした!





今日は、うわさの「カズチー」 を、食べました。







そして、今日は、オーナーのリクエストでこのスタイル。


今日もオーナーから頼まれて「ランチメニューと北海道物産」のPRチラシを150枚ほどかな?
中心市街地と、大王小学校、市役所周辺で配りましたよ!!


日が暮れるまでに、配れてラッキー!


うけとってくださったみなさま、ホントにありがとうございました!




さてさて、今日、仕事がおわって

このまかないが、わたりましたーー!





やったー!!


つづく!


  


2020年12月03日

明日は、MARUMIの街頭宣伝でーーーす!

みなさん、こんばんは!


毎日、チンドンで日本を笑顔と元気にしたいと思っている宮田わかなでーーーす!



さてさて、10日ぶりだろうか?久しぶりに、明日は「北海道ダイニング MARUMI」の街頭宣伝日でーーす!

明日は寒いといってたなあ。といっても、最高16度、最低3度かあ。



北海道は、留萌市を調べてみたら、明日は、最高3度、最低0度。(雪のち雨)


げげげーーー。寒い。



オーナーに明日は、なにを宣伝しましょうか?と話したら、ランチメニューの宣伝とビラ配りとのこと。

そして、恒例のランチ食レポは、「糠にしん定食」


にしん?


わかな、あまり食べたことない。



そこで、調べました。



すると、「にしん」は、留萌の伝統的な魚で。。正月に食べる数の子は、にしんの卵とか。




江戸時代では、「米の代わりに、ニシンを収めてたとか。。。」  ⇒ 「魚ではなく海の米である」



ほっほーーーー




にしん自体を食べるなら、10月から12月がおすすめとか。

脂がよくのり、うまいらしい!!




明日のランチが楽しみになってきました。


写真をネットで調べました。(笑)






(まとめ)

ニシンは、日持ちこそしないもの、とても栄養価に富んだ魚だそうです。
また、多くの卵を抱え込むことから、子孫繁栄
縁起物として、古くから愛されてきました。


おせち料理には、かかせない一品になっています。


古くから、日本全土で愛されているニシンですが、その旬は秋。10月から12月。


食材としての歴史もさまざまある由緒正しい食材だそうでーーーす!!



明日のランチの食レポをお楽しみに!!




つづく!

  


2020年11月18日

北海道ダイニングMARUMIで予約受付中!話題の「カズチー」

みなさん、こんばんは。



私は、あなたにとっての縁起物でありたい!
チンドン屋は、そんな存在なのではと思っています。


「北海道ダイニングMARUMI」で、只今、予約受付中の北海道のグルメの中に、北で話題のカズチーがあります。


みなさん、カズチーって、知ってますか?





カズチーのことを書いているブログを見つけたので、シェアしますね。(笑)

https://ameblo.jp/sakura-beautiful/entry-12550775581.html





北海道ダイニングMARUMI、ご夫婦で都城市に移住してがんばっています。



応援、よろしくお願いいたしまーーーす!





つづく。  

2020年11月17日

北海道ダイニングMARUMIの街頭宣伝 2日目♪

みなさん、こんばんは!



毎日、チンドンで日本を笑顔と元気にしたいと思っている宮田わかなでーす!


今日は、なんだろう?雨降ったりやんだり、晴れ間がみえたり、曇ったり、ホント秋の空模様でしたね。
冬になったかな?と思ったら、また、秋の天気模様。

こんな日のチンドンわかなは、いかに??


それでも、普通にマイペースに動きましたよ!



朝から、新しい看板を2つ作りました!

じゃじゃじゃーーん。



ジンギスカン定食のPRの看板。




北海海鮮丼定食!


これをわたしの身体の背後につけて練り歩く!

雨が降るから、楽器をもたずに、傘をさして歩く。ひたすら歩く。








みんな、よくみますわ。


この格好で歩くだけで、車の運転手もみる。病院に通院している人もみる。スーパーで買い物している人もみる。

とにかく、人の目につきますよ。私のスタイルは。


(チンドン屋・・・人目をひく服装をして、鉦(かね)・太鼓をたたき、三味線・クラリネットなどを鳴らしながら広告・宣伝を行う職業のこと。)
(サンドイッチマン・・・広告宣伝手法の一つで、人の胴の前面と背中の両方に宣伝用の看板(サンドイッチ・ボード(英語版))を取り付け、町中にたたずみ、あるいは歩行する広告手法、およびその看板を取り付けられた人のことをいう)


今日の宮田わかなは、「サンドイッチマン」でーす。



確かに、人の目につくわ。(笑)


なんだか、コロナの中で、私はチンドンの実践研究をしているようです。(笑)




北海道ダイニングMARUMIさんで、宣伝しながら、今日は知り合いが来店し、思わず、そこでアコーディオンの生演奏を披露。

そして、ある来客からは「あの有名なチンドン屋さんですか?生をみれて光栄です。都城の名誉市民ですよね」だって。


なんだか、泣けるお言葉です。じーーーん。



今日も、秀巳オーナー、智美奥さま、2人で力をあわせて、おもてなしの接客をされていました。



2人で支えあう。素晴らしいなあ。



夫婦って、これだろう。

これが見本だあ。なんて思いながら、2人の姿をみている私でした。




今日もがんばって宣伝しました。



チラシは150枚配布終了!!


そして、夕方帰ったら、夜のまかないが準備されてましたー。

ありがとうございました!






さあて、次のMARUMI日和は、30日の月曜日です。14日間連続チンドン後の「MARUMI」で、どんな姿のわかなでしょうか?



とにかく、エネルギッシュにやるしかないです。(笑)




どうか、みなさん、MARUMIをごひいき賜りますようよろしくお願い申し上げます!





つづく。  


2020年11月17日

今日は、北海道ダイニングMARUMI日和!

みなさん、おはようございます!


毎日、チンドンで日本を笑顔と元気にしたいと思っている宮田わかなです。



さてさて、今日の宣伝させていただく「北海道ダイニングMARUMI」のオーナー、林秀巳さんは、北海道留萌市出身でーす。



思わず調べてみた。

今日の留萌市を。




そっかあ、雪だあーー!



そりゃあ、そうだ。

場所は、こちら。




思わず、地図を貼りました。



ここから、宮崎県都城市を気に入って下さり、ご家族で移住してくださいました!!


ありがとうございまーーす!



さって、がんばって宣伝しようっと。



終わる頃には、どんなドラマがあるかな?

今日は、昼前後はランチの宣伝!




(北海海鮮丼セット 1200円 税別・・・・めっちゃおいしいに決まっています)




(ジンギスカン定食セット 1000円 税別・・・すごいボリューム)





ランチの説明。(笑)




ジンギスカンの魅力の説明!!



さあて、身体を整えながらいきますかあ。



午後は、年末オードブルの宣伝ビラ配り。







がんばりまーす!  


2020年11月13日

オフと言いながら、動いていしまうワタシ(遊びながらチラシつくってみた)

みなさん、こんばんは。


毎日、チンドンで日本を笑顔と元気にしたいと思っている宮田わかなです。



さあて、今日は久しぶりに深呼吸。
ずーっと自宅にいました。

ゆったりと・・・・と思いながら、11月末に10日間連続チンドンが入ってまして、その段取りや調整をしていました。
いろいろなステージパフォーマンスも入ってきているので、その流れや私自身もどれだけできるかの調整もしていこう。


なにやら、11月後半は、またこのうえない喜びを味わえるような充実感たっぷりの日々になりそうです。


段取りして、運転して、パフォーマンスして、営業して。。

ひとり何役かしら?




さて、夜になり、北海道ダイニングMARUMIのテイクアウトが11月末までときき、

そっかあ、コロナの関係で11月末までと保健所が許可がでたらしく、このあと世の中がどうなるかわからないけど。。。
ひとまずは、11月末までしかお弁当はできないらしいのです。


ですよね???



思わず、おふたりのことを考えながら、チラシをつくっちゃいました。


だって、ご夫婦がとってもお忙しいのだもの。
なんか協力したくなって。






いかがでしょうか?


ほのぼの感、たっぷりですよね。



ぜひぜひ、この機会に、11月はあと2週間ちょっとしかないです。


北海道ダイニングMARUMIさんのテイクアウト、お試しくださいませ!





つづく!
  


2020年11月12日

留萌市(MARUMIのオーナーの故郷)

みなさん、こんばんは。


志比田町にある「北海道ダイニングMARUMI」のオーナーは、北海道の留萌市出身。

どんなところかな?と気になって、いろいろネットで調べていたら、こんなものもあるらしい。



日本に1台しかないD61形蒸気機関車が見られる!





きっと、11月下旬には雪化粧をしているかもしれない。




そんな地域から、南の都城市を気に入って下さり、こちらに夫婦で移住。

それを聞いただけで、なんだかこちらも、力が入る。応援したいなあと。

決意を新たにして、こちらに引っ越してこられたんだろうなあ。






寒いところで暮らしていたからだろうか?
2人はいつも半そでです。(笑)


そろそろ 都城でも寒くなってくる季節ですが、2人にとっては、そうでもないんだろうなあ???


4人のお子さんを抱えて、夫婦で切り盛りされているお店「北海道ダイニングMARUMI」。



メニューには、たっくさんの品がそろっています。



書ききれないほどのおすすめ商品がありますよ。




このブログは、留萌市の話だけにしておきまーーす。



みなさん、日曜日以外はあいています。祝日はたまに休むので、電話をして確認されてから行ってくださいね。



夫婦で丹精込めて、おもてなしさせていただきます!



どうぞよろしくお願いしまーーす!!





北海道ダイニングMARUMI情報でした。




つづく。
  


2020年11月12日

街頭宣伝初日!北海道ダイニングMARUMI

みなさん、こんばんは。


毎日、チンドンで日本を笑顔と元気にしたいと思っている宮田わかなです。



さてさて、何でも新しい店舗の宣伝が始まる初日は、前日からワクワクしていて寝れませんといいたいけど、寝れます。(笑)

ぐっすり寝て、今日の仕事に備えました。


よっしゃーー!!

オーナーから、可愛い感じで明るい方がいいということで、このスタイルになりました。



じゃーーーん。


10時に挨拶!
そこから、打ち合わせをした後に、志比田北の交差点まで歩く、歩く、歩く。




あっという間に1時間がたち、お店のオープンの時間にはお店の前で約1時間たって、チンドンをゆるーく鳴らしていました。

いろいろな方から手を振られたり、笑顔をいただいたり、ホントにチンドンって最高に幸せな仕事だと思います!





お昼は、「北海海鮮丼ランチセット」(1200円 税別)をいただきながら、実況生中継をさせていただきました。
facebookのライブ配信です。

これは、何回もシェアしたり、いいねや、コメントすると、何回も動画をみなさんがみることができるので、新しい宣伝スタイルだなと
改めて感じました。

これは、はたけ。の宣伝を半年させていただいて、梅雨の時期にどうしようと悩んだ末にうまれた宣伝方法でした。


今の時間で、198回閲覧されています!!



やったーー!!!


ランチをゆっくりいただいたあとは、北海道物産の年末(お歳暮商品)のチラシと忘年会のチラシのセットを170枚、ありとあらゆるところに
配りにいってました。


そして、17時前からいつもの市役所正面玄関周辺で配る、配る、配る。


明道小学校の子どもたちからは
「チンドン屋さん、楽しいですか?」とか
「何の宣伝してるんですか?」と聞かれたり

仕事帰りの車の中から手を振られたり、なかには、バス停のところでバスをとめ
窓をあけ、私のチラシを受け取ってくださったり、ホントにあたたかな この都城圏域に支えられてチンドンしているなあと思っているわかなでした。


あっという間に夜になり、時刻は18時になっちゃいました。


MARUMIに戻り、海鮮丼をとおちゃんに買いました。
私には、オーナーから「わかなさん、これ まかないだから」って、ジンギスカン弁当をいただきました。




うまい!


ジンギスカンだけど、くさみもないし、味付けがちょうどいいあんばいなんです。


こりゃあ、MARUMI,これからが楽しみだ。。。



お客さんにどんどんPRしていって、たくさんお店を利用していただけるように、がんばろうと思っています。



それでは、まったね。


来週は火曜日に宣伝で歩きます!



お楽しみに!!!


つづく。  


2020年11月07日

うわあー、北の大地『留萌市』 MARUMI

みなさん、こんにちは。



毎日、チンドンで日本を笑顔と元気にしたいと思っている宮田わかなです。


来週12日から街頭宣伝を担当させていただくお店  『北海道ダイニング MARUMI』さん。


オーナーと話してたら、オーナーが生まれ育った『留萌市』ってどんなとこなんだろう?と興味がわいた。

そして、調べてみたら、こんな美しい景色のポスター発見。




北海道のどこっていわれたら、ここです。





この土地で、オーナーがやみつきになっていた『ユッケジャンクッパ』を食べさせていただけるお店のスープに近づけたく・・・
スープを開発したと聞いて、それをまたまた食べてみたくなった私は、今日も書道の展示会の受付を終えていってきちゃいました。


じゃーーーん。




うまい!からい!最高のスープ!


調べてみた。

『ユッケジャン』・・・牛肉と色々な野菜、ワラビやモヤシなどをゆっくりゆでた辛味のある料理で、慶尚北道地域の牛肉のスープに由来する。
『クッパ』・・・・・・・・


なるほど。なるほど。


寒くなると食べたくなるような気がする。

まじ、うまい!


MARUMIのお店に通いだして、このメニュー表をみると、 気になるメニューがドンドンでてくるんです。



そして、オーナーの魅力、半端ない!


ご夫婦で丁寧に一品、一品をつくりだしていく。うみだしていく。
お時間をかけて丁寧に!


こんなコロナの時代、そして、ITの時代になってきてるけど、こんなにも丁寧に料理をだしてくださるお店って、素敵だなと思う。


とっても、自分からは話をされないかもしれないのですが

オーナーは、心があつーい!
北海道大好き!故郷の味を、ここの都城で表現したーいと、そして、都城圏域の人が喜んでもらえたらいいなあって思いながら
料理を作り続けています。

わたしのハートには届きましたよ!


なんか、志比田町にいながら、北海道に旅行してきた気分が味わえるようなお店だなあと、何回も足を運んで思いました。



さって、宣伝マン 宮田わかな、しっかり、心して、宣伝させていただきますね!!



よっしゃあ。。。



ぜひ、メニューの裏側をよむくらいのハートで、『MARUMI』のメニューをご覧くださいませ。


税抜き880円!!


ぜひぜひ、都城市志比田町にある『北海道ダイニング MARUMI』さん、ごひいき賜りますよう
よろしくお願いいたします!!



つづく!  


2020年11月07日

ホッケ焼き定食 in MARUMI

みなさん、おはようございまーーす♪


毎日、チンドンで日本を笑顔と元気にしたいと思っている宮田わかなです。


さて、来週の12日の木曜日に始まる
新しいお店の宣伝。。

そのお店の名前は、『北海道ダイニング MARUMI』さん。

わたしの自宅から歩いて10分のところ。

以前から気になっていたお店だが、入るタイミングがつくれなかったが、6月に市役所前のテイクアウト応援の出店で出逢うことに。

はたけ。と同じ日に市役所にきていたので。

通えば、通うほど

オーナーのこだわりが見えてきて、
メニューの中にあふれている想いがでてくるんです。

なんか、それをかたちにしようと。。

食レポも始まっちゃいました。

昨日は、『ホッケ焼き定食』
もちろん、ホッケは北海道産。



うまい❗



ホッケひとつに、ぎゅぎゅぎゅーーーっと、北海道の潮のかおりを感じる ーーーーー。


なんか、ありがとう♪っといいたくなる感じ。




野菜サラダと、具だくさん味噌汁も うまい。






優しく、穏やかなご夫婦の笑顔のうらにある
芯の強さにひかれます♪

がんばって、宣伝しようっと♪


ワクワクです❗


つくりものしなくちゃねーー。





北海道の魚は、寒い地域で鍛えられ、みがしまってるのかな。。

そんなことを、ぼおーっと考えていました。


これで、税別980円。


ぜひ、いかれてくださいませ♪



つづく。

  

2020年11月03日

鮭トバ?

みなさん、こんにちは。


毎日、チンドンで日本を笑顔と元気にしたいと思っている宮田わかなです。


都城市の志比田町にある本気で北海道の食をリーズナブルに楽しめるお店。

【北海道ダイニング MARUMI】さん。


メニューをみると、なんだろう?
どんなもの?とわからないものがある。


その中のひとつ、『鮭トバ』

説明は、こちら。

鮭とば(さけとば)とは、秋鮭を半身におろして皮付きのまま縦に細く切り、海水で洗って潮風に当てて干したものである。





うまーーーい。


20歳の娘もはまる美味しさでしたーー。


都城にいて、北海道の味を楽しめて、しあわせ者です。


つづく。  

2020年10月24日

どうしても気になって足を運んだわけは・・

みなさん、こんばんは。


毎日、チンドンで日本を笑顔と元気にしたいと思っている宮田わかなです!



11月から宣伝させていただく飲食店「北海道ダイニング MARUMI」。

昨日、オーナーにいろいろな話を聞いてて、どうしても気になったメニューもありまして。。。



うううーー、3日間連チャンだけど、行きたい!

明日から1週間以上、連続チンドンでゆっくり食レポも取材もできないなあと思って、いっちゃいました。(笑)





家から歩いて行けるお店です!



ということで、まずは、そう、北海道だから、ここで飲むビールは





これでした。泡もまろやか、おいしかったあ。


そして、昨日から気になったのは、なんで、フライドポテトにイカの塩辛をのせるのか?、そんなの食べたいことない私。


食べてみよう。





北海道の観光地?!では、フライドポテトにイカの塩辛をのせて食べることが多いらしい。
じゃがいものふかしたものに、バターとイカの塩辛をのせて食べることもあるとか。


びっくり!


味は、普通に食べてもおいしいフライドポテトに 塩味がきいているイカの塩辛がのっている組み合わせ。
なんとも食したことのない1品でした。


ペロッとたべてしまったわたし。(笑)

ああ、しあわせ。


ホントに、こだわりぬいているオーナー!!



さらに、メニュー見てて、もう一つ気になったものが。

「いももち」




これも、北海道から取り寄せているものらしい。

ポテトにもちが入っているわけではなくて、ポテトと片栗粉をまぜて、まるでスウィーツのようにたべるこれ!!
それも、この「いももち」の上に、何がかかってるのかと思ったら、みたらし団子のたれがかかってるではないですか??



ああ、ネタバレになっちゃうけど、、こんな組み合わせ。

北海道で当たり前のことを、ここ都城市で提供してくださっています。(笑)


おいしかったですよ。




あああ、3日間通ったけど、魅力がありすぎて、こまっちゃう。



他のおいしいもののレポートは後日かくとして、最後、私が気に入ったのは。。

店内に飾っている素敵な北海道の写真。

北海道、行ったことがないんだけど、写真を見るだけで癒される。
すごいパワーだなあと思う。




まだ、何枚かあるんだけど、ぜひ、見つけてくださいね。


カウンターもあるし、テーブル席もあるし、ひとりでいっても安心して食べれるし、癒されるし。

北海道の味は堪能できるし。。。



ここ都城市にこんなお店があったなんて、こりゃあ、、うれしいです!




食レポは、また書きますが、今日はこれくらいで!!!





ああ、しあわせ!


明日の夜は都農町へ移動しまーーーす!



チンドンで日本を笑顔と元気に!プロジェクトの一環で動きます。



つづく!
  


Posted by わかちゃん at 23:06Comments(0)MARUMI

2020年10月23日

人生初体験 in MARUMI

みなさん、こんにちは!



毎日、チンドンで日本を笑顔と元気にしたいと思っている宮田わかなです!



さって、皆様、ご存知、都城市志比田町の「野菜専門だいにんぐばー はたけ。」の街頭宣伝をしはじめて、はや7ヶ月が過ぎようとしています。(笑)

私も人生初体験でした。といっては、チンドン屋としてはあかんことだけど。


人が歩いていないところで、チンドン屋が宣伝したら何が起こるかを実験してみたかった。
コロナから生まれた新しい仕事スタイルです。


そして、はたけ。の宣伝をしながら、次は「都城焼肉党」(3ヶ月契約)、「中古車販売」(2回)をさせていただきながら、

次は、またまた都城市志比田町にあります「北海道ダイニング MARUMI」さんの街頭宣伝を頼まれることになりました!



ここ最近は、チンドンわかなも東へ西へとあわただしくなってきているので、
わかなさんのペースでお願いしますといわれ。。


まずは、オーナー夫婦と親しくなり、北海道ダイニング MARUMIさんのメニューをひとつひとつ食べることにしていこうと決めて
大体の雰囲気がわかってきたら、街頭宣伝に入ろうと思っています。(笑)


そんな食べるんかい!って、つっこみきそうですが。

しっかり食べて、夫婦のオーナー夫婦の魅力を感じないとあかんやろ。(笑)





改めまして!こんにちは。


こちらが、MARUMIのオーナー夫婦です。
(旦那様:林 秀巳 ひでみさん、智美 ともみさん)


こちらの穏やかそうな ひでみオーナーは、とにかくアツい!

彼は北海道生まれ、北海道育ちで、JAのエーコープの運営に携わり、長年、全国のおいしいものを把握し、スーパーにおろしていった?といっていいのかな?バイヤーというような、そんな立ち位置をされてきた方なんです。


へーーーー!!!



お昼の初体験 北海道なら「ジンギスカン」ということで、




このボリュームで、1000円。


食べれるのか?わかな、大丈夫か?
自分にいいきかせて、挑む。(笑)



話が前後しましたが、ひでみオーナーは、とにかく丁寧に説明をしてくださいます。

オーナー「これは、鉄鍋です。熱いのでお気を付けください。温度はこの加減でじわりじわり焼くのがいいです。」

わかな「はい」

オーナー「真ん中にあるのは豚肉の脂身です。この脂を使って焼きます。決して、おろさずに最後まで使い切ってください。」

わかな「はい」
(まだ、なんかほかにも言われたような気がするが。。。。)

オーナー「ジンギスカンのモモです。柔らかいですよ。レアな感じで食べても大丈夫です。」

わかな「はい」

オーナー「ジンギスカンのたれは、こちらです。」
(このたれ、もちろん、北海道で人気のジンギスカン用のたれを自分なりにブレンドして作っています。足りなかったらどうぞ!と言われました)

わかな「はい」



そんな説明をひとつひとつ丁寧にしてくださっていて、何やら こだわり半端ないと思っていたから、ひでみさんの今までの人生のほんの一部を聞いて、やっぱりと。納得。


今日、いろいろ話しててわかりました。なるほどなあーーーー!



奥さんの故郷に帰ることを決意し、北海道で生まれたひでみさんは、最南端の都城市で暮らすことを決めたのです。

子どもを育てるなら、宮崎県都城市がいいと。

愛する智美さんが、今まで僕のために、北海道で生きて支えてくれたから、50になって、今度の人生の半分は、智美の生まれた故郷で
暮らそうと。。。


だから、誰も知り合いがいないんですと。


じーーん。


とにかく、寒い国で生まれたひでみさんだが、めっちゃあたたかい 優しい人です。

それに、食に対するこだわり 半端ないです。


あれっ、全部食べてしまいました。(笑)



ははははは。。。。。

あっさりしてて、しつこくない。おいしかったでーーーす!


ジンギスカンは、なんとダイエット効果がある。えええーーーー???




こんなのが貼ってあったよ。(笑)


ゆっくり、オーナーに聞いてみくださいね。


最後に、オーナーに「なぜ、お店の名前は MARUMIなんですか?」と聞いたら

「私の名前は、秀巳(ひでみ)、北海道ではひでさん、ひでさんといわれてきたので、できれば残りの人生は巳(み)という言葉をつかいたくて、
 もっとまるい人間になろうと、おもって、「まるみ」なんです」と。


ほっほーーー。


さらに、秀巳さんのこの二文字は、自分の両親の両方のおじいちゃんの名前をとってつけられた名前らしく、とっても大切にされているらしいのです。


なんとまあ。。。。。。。




宮崎県の都城市で「まるみ」さん、この名前が浸透するころには、おじいちゃんがめっちゃ北海道で喜ぶだろうなあと想像しながら

仲のいい 2人をみて、お店をあとにした私でした。


「ママー」「パパー」と言いあう 仲のいい夫婦です。



素敵ですね!


ゆっくり丁寧に、夫婦でがんばる「北海道ダイニング MARUMI」を、どうぞよろしくお願いいたします!